itエンジニアのキャリア形成について

itエンジニアのキャリアに関しては、漫然と会社の命ざれるままに流されていく、というわけには残念ながら行きません。ある時点で決断が必要です。
いくらコンピュータとにらめっこをするのが大好きな人であっても、時期が来て管理職に登用されれば、「部下」という人間を扱わなければなりません。しかもいくら勉強を続けても、部下の方が最新の技術の事情に詳しい、という日が必ず来ます。その日までに発想の転換が必要です。

ひとつには、管理職の業務に自分を適応させること、もうひとつは管理職になるのを拒否して、自分の好きな分野の技術を極める、ということ、あるいは技術の分かる営業職を目指すこと、システムコンサルタントやアナリストといった、上流の職種を目指すこと、といった具合です。
自分の得意分野を極める道では、常に記憶力・集中力・バイタリティーに富んだ若手のエンジニアを相手に回さないといけないし、それ以外の道では、機械(コンピュータ)と同じくらい人間も好きにならないと、キャリア形成が図れません。

itエンジニアの職業寿命は、決して長くないとよく言われますが、人間を好きになること、少なくとも興味の対象にすることで、その職業寿命はずっと長く延長することができるはずです。昔「プログラマー35歳定年説」というのを良く聞きましたが、35歳を超えても活躍しているプログラマー(itエンジニア)はいくらでもいます。ただ、35歳ぐらいまでに、自分の真の適性を見極め、その後の長い職業人生に向かって準備することは、絶対に必要です。
今後の方向性について悩んでいる方や、そろそろキャリアプランを立てておこうという方に参考となるサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Powered by: Wordpress